Level 2【カラオケ・ブロックM】

ディグダ

どうも隠語ネシアへようこそ、代表管理人のディグダです。
今日は、ブロックM内に新しくできた日系カラオケ「Level 2」の紹介です。
仮閉鎖している「Yujiro」系列の日系人オーナーが運営している店です。
日系店舗なので派手な遊び方はできませんが、豪勢な部屋に最新曲を備えたカラオケが特徴です。

『隠語ネシア』限定特別コラボプロモ実施中!

料金相場

まだオープンしたてのためパッケージはないが、オーナーによると今後パッケージも用意していくつもりとのこと。

CCは150,000/時間で、ミニマム3時間から。相場よりは若干高めの値段設定となっているが、年々の価格上昇のせいか。しかしYujiroのCCが70,000/時間だったことを考えると、再考してもらいたいものではある。

料金計算は部屋代+CC+飲み代にTax&サービスチャージ20%を掛けた金額になるので、分かりやすい設定となっている。

女の子へのチップは相場通り200,000/人で問題ない。

短評

日系カラオケのため部屋の中で致すことはできないので、お持ち帰りについては女の子と直接交渉となる。

カラオケ機器はTokyo Night同様、Nintendo SwitchのJoy Soundを採用しているため、日本の最新曲が順次アップデートされている。またインドネシア人向けにインドネシア語のカラオケも準備されており、ボタン一つで切り替えが可能。

おススメする人:
◎日本の最新曲や、過去のコアな曲を歌いたい
○ブロックM界隈でカラオケに行きたい
○上品な雰囲気のお店でしっぽり楽しみたい
○接待などで費用をあまりかけたくない

おススメしない人:
×店内SEXがしたい
×さっさとお持ち帰りがしたい

住所

ブロックM内の東京ビルディングの2階。Tokyo Nightが入居しているビル。丸福とJawa-Jawaの間。

定点観測

2022年1月

オープン2日目、オーナーに誘われ訪問してみた。

色々なカラオケ店からオーナー直々に引き抜いたという厳選された女の子が準備されていると聞き、心躍りながら向かった。

金夜で他に客は1組、女の子の数は約15人程度。しかし正直厳選したというオーナーの目を疑いたくなるような品揃えだった。見た目40代くらいのがちらほら混ざっており、選べそうなのは2人くらい。

結局自分が選んだのは以前Yujiroで働いていた細身巨乳ちゃん。約3年ぶりくらいの再会だったが、向こうも覚えていてくれたようだ。

コロナでYujiroが閉鎖になった後は田舎に帰ってひっそり暮らしていたらしいが、カラオケ店をオープンするということでオーナーから呼び戻されたとのこと。

一人だったので普段は気を遣って歌わないような曲を歌う。採点機能を利用しようとすると、回線不足により楽曲が止まってしまう。オーナー曰くマイクとの連動ができておらず、ダウンロードにも時間がかかるので採点は利用しないようにとのこと。

2時間程度滞在し会計をするも、1人2時間にウイスキーコーラ1杯+女の子のドリンク1杯(コーラ)だけで1.1Jutaは高すぎる。ルームチャージはもう少し大人数で割れば負担も軽くなるが、Big Roomとして入った部屋は明らかに4人程度(+女の子4人の8人)で窮屈になるだろう。

ご祝儀がてら払いはしたが、CC3時間とルームチャージが重く、この値段設定では客は集まらないからパッケージの早期導入をオーナーに伝え店を後にした。

隠語ネシアによるホットな情報や体験談をお届け。

投稿者プロフィール

ingonesia代表ディグダ
ingonesia代表ディグダ
『隠語ネシア』主宰者。ジャカルタを中心にインドネシア全土の風俗性覇を目論む。Tinderやナンパでの素人ハンティングも好きで、通称Tinderマスター。目指すは「インドネシア 風俗」でGoogle検索トップになること。
  • X